グラノーラを食べよう|栄養満点で朝食にも最適

更年期を乗り切るには

中年女性

更年期と対処法

更年期は、一般には女性に現れるもので閉経の前後5年ぐらいを指します。年齢的には40代中頃から50代中頃までとされますが、実際には個人差があり、早く訪れる人もいれば遅い人もいます。更年期になると閉経によってホルモンバランスが崩れ、それによって様々な影響が身体中に現れます。これらの影響が更年期障害と呼ばれるものです。更年期障害は個人差があり、障害が出るほどの症状が出ないまま更年期を終える人もいれば、更年期が過ぎるまで重い症状が出る人もいます。特に重症化すると日常生活に支障を来すようになります。更年期障害の理由はホルモンバランスであるため、病院を受診した場合には、ホルモンバランスを整える薬が処方されます。また重症の場合にはホルモン注射などを行うこともあります。

身近な方法で改善するには

更年期障害は、ひとつにホルモンバランスが安定しないことで発生します。このため更年期障害を出させないためにはホルモンバランスを安定させることが改善のポイントといえます。また更年期以前から生理の時に体調が崩れやすい人は更年期障害が出やすいとされます。ホルモンバランスを安定させるには漢方薬やハーブなどがあるほか、薬に頼らないで日頃の生活でも改善することもできます。改善する方法としては、食事のバランスに気をつけることで、特にカルシウムをしっかり摂ることが重要とされます。また睡眠や休息をとることや適度な運動をするなどストレスをためないようにすることも大切です。それでも改善が見込めない場合にはホルモンバランスを整える薬や、低用量ピルなどの服用が有効な方法になります。